RSS


店舗バナー

雨の季節、お出かけが億劫ですが、メズモロ洗足池店はカフェと一体型。
ゆっくりランチついでにいらっしゃいませんか?
室内なので濡れることもなく、また異国情緒も味わえる空間。
畳のお部屋でゆっくりモロッコ雑貨をご覧下さい。
モロッコのお話をしにくるだけでもOKです!(^-^)

※ショップ掲載の商品写真は、ご覧になっているモニターによって実物とは色合いが異なる場合があります。
 

モロッコラグの種類<アフニフ・ベニワレン・タズナフトなど>





モロッコ伝統工芸の中でも一大産業となっているラグ。
その種類は織られる地域によって様々な種類があります。モロッコラグの種類の中でも、よく見るポピュラーなものをご紹介いたします。


●アフニフ



当店でも扱っているアトラス山中~ワルザザード近郊で織られているラグ。
最初、「アフニフ」という街で織られているラグだから「アフニフ」という名前なのかと思っていましたが、
「アフニフ」とは平織りのラグという意味で、「キリム」と同じ意味になります。

平織りに幾何学模様が施されたデザインが特徴です。
ガーリーで可愛らしいものが多いです。
シンプルなデザインなので、どのようなインテリアにも合わせやすいです。
また、赤、青、黄色、白、黒、中間色など様々な色のものがあり、
自分らしい色を探すのも楽しいですね。

お部屋がぱっと明るくなります。

折り目はかなりぎゅっと詰まっていて、薄手ですがしっかりした作り。
目を詰めて織るので、シンプルながらも労力がかかり、1日4〜5時間くらいしか織れないそうです。

比較的リーズナブルなお値段で、わりとどこにでも売っているので、
ラグ初心者でも気軽に買えるラグです。
自宅で洗えてお手入れも簡単なのが魅力です♪


●ゼンモール




モロッコでは最もポピュラーでどこでもよく見かけます。
平織りでボーダー状の縞模様の中に
細かな幾何学模様が施されているのが特徴です。
模様には意味が込められていたりします。
赤い色のものが一番多く見かけますが、白や黄色も存在しています。
価格はピンキリで、オールドのものは素敵なデザインのものがあったりします。
エキゾチックな雰囲気を出せるラグです。


●タズナフト



マラケシュからアトラス山脈を越え、ワルザザードの町から更に南下した
タズナフトという町で作られているラグ。
毛足があり、もふもふとした肌触りです。

周りに模様があって、真ん中にモチーフが描かれているものが多いです。

色合いはあたたかみのある、どこかほっこりするものが多く、
大胆かつ可愛らしいものが多いです。
お部屋の主役になる存在感の大きいラグです。


●グラウィ

グラウィ S 白

アフニフ(平織り)とタズナフト(起毛)両方のテクニックを使ったラグ。
平織りにシンプルな幾何学模様の部分と、
ふわふわの毛足のある部分があります。

こちらもアトラスを超えたワルザザードからタズナフトあたりでよく見られるラグです。

ひとつひとつの模様の形は可愛らしいものが多く、見ていて飽きません。

ガーリーな雰囲気が好きな人におすすめのラグです。

段差があるので、家具を上に置く場合は気をつけた方がいいかも。



●ボ・シャルウィット



日本や欧米で大変人気のあるラグです。
素材は古着を切り裂いたもので、織る人のセンスによって、
可愛らしい色合いに織り上げられます。

古着が素材に使われているので、リサイクルラグとも呼ばれています。

様々な古着の色が織り混ざって、やわらな色合いになったり、
ビビッドなものになったり、入れる古着のハギレによって出来上がるラグは個性豊か。

ナチュラル系のお部屋に合いやすいラグです。




●ベニオワレン

ベニワレンM

最近おしゃれなCMの中でも見かけた人気のラグ。
ふわふわの長い毛糸でざっくりと織られています。

白地にシンプルな黒いひし形が連なったラインが施されているのがよくあるデザインですが、
中にはベージュのラインや、模様がひし形ではないものもあります。

オールドやビンテージのものが人気ですが、数が少ない上に、
ヨーロッパでも人気があるため、価格が高騰しています。

モロッコ北部が産地ですが、最近では南部の街でも作られています。

モダンでクールなお部屋によく合います。



トップページに戻る

ページトップへ