RSS
お客様の声バナー

※ショップ掲載の商品写真は、ご覧になっているモニターによって実物とは色合いが異なる場合があります。
 

「バブーシュ(モロッコスリッパ)とは?」よくわかるお話


巷ではサンダル(靴)のバブーシュとスリッパのバブーシュがありますが、
ここではスリッパのバブーシュのお話をします。


バブーシュとは?バナー

大人キュートなバブーシュ商品一覧はこちら

最近ファッション業界でも注目されている、
かかとがぺったんこになった靴をバブーシュと言いますが、
これはモロッコのスリッパ、”バブーシュ”が元になっているもの。

現在日本ではルームシューズとして使われるバブーシュと、
靴としてのバブーシュ両方存在していますね。

ルームシューズとしてのバブーシュは、
モロッコスリッパとも言いますが、
モロッコの伝統的な履物です。

ここではルームシューズのバブーシュのお話をしていきます。

この頃日本の雑貨屋さんやショッピングモールで
革製のスリッパをよく見かけますよね。
それがバブーシュです。

モロッコの人々にとっては欠かせない履物ですが、
「バブーシュ」はフランス語でアラビア語では「ブルガ」と言います。

日本ではルームシューズとして使われることが多いですが、
モロッコでは外履きと内履きの区別は特にしていません。

羊や山羊、牛やラクダの皮から作られた履物で、
かかとの部分がぺたっと織り込まれているのが特長です。

羊革のものはふわふわすべすべ柔らかな履き心地、
牛革や山羊革はしっかりとした固めの肌触りになります。

バブーシュとは?バナー

日本ではつま先の丸いものがポピュラーですが、
モロッコでは魔女の靴のようにつま先の尖った「ベルディ」という形が主流です。


バブーシュとは?バナー

革製スリッパの最大の醍醐味はその履き心地で、
夏でも合皮のスリッパのようにベタベタせずにさらっとした履き心地です。

革のスリッパってむれるのでは?と言う方もいますが、
革も動物の皮膚、夏でも通気性は保たれます。

底の内部にスポンジが仕込んであるので、
ふわふわ&革のすべすべした肌触りがやみつきになる人も。

足の形がきれいに見えるので、おしゃれ度もアップしますよ♪

バブーシュ 白

また、学校行事や習い事でスリッパが必要な時にも、バブーシュはおすすめです!

スリッパのようにパタパタした音がしないので、
静かにしないといけない場面にぴったり。

以前お客様で入院中に履くためにお買い上げになった方もいらっしゃいましたが、
病院は足音が気になりますし、バブーシュは足にフィットするので
足元がおぼつかない時にも安心感があり「なるほど!」と思いました。
気持ちが沈みがちな時でも、可愛いバブーシュで明るい気分になりますしね♪


ネックは革の臭いで、なめし技術の低い革を使ったバブーシュはとても臭いです。
なめしとは動物の皮から革製品に使えるものにするための加工ですが、
その時に使う薬品や技術によって出来上がる革の品質(臭い)は左右されます。

詳しくはバブーシュの選び方を参考にしてみてください。

なめしレベルの高い高品質な革を使用したものは、臭いも少なめです。

革製品はどうしても無臭というわけにはいかないのですが、
日常的に使うものの臭いは気になるものですので、
品質の良いものを見極めた方がいいです。


【参考記事】バブーシュ品質の比較「知らないと損!これだけ違うんです!」


色柄も豊富で、刺繍の入ったもの、刺繍とスパンコールの組み合わせのもの、
ビーズをふんだんに使ったもの、はたまた飾りのないシンプルなもの。
ポンポンつき、タッセルつき、スウェードのものなど、
本当に様々なタイプがあります。

キッズバブーシュ ピンク

ポンポンつきバブーシュ。
ポンポンはサブラボタンとも言います。


外履きバブーシュ 紫

タッセルつきバブーシュ。
ふさふさをタッセルと言います。


バブーシュ 白

刺繍プラススパンコールのデザイン。

バブーシュ ネイビー

ビーズとスパンコールをふんだんに使ったデザイン。


キッズバブーシュ 青

シンプルなバブーシュ。

スウェードバブーシュ 茶色

スウェード素材のタイプ。

中国製などの合皮の大量生産で作られるバブーシュは
機械で作られているものが多いですが、
モロッコのバブーシュはひとつひとつ手作業で作られます。
なのでなかなか大量生産はできませんが、ひとつひとつ味のあるものになります。



工場というよりは、小さな工房で数人の職人さんで作っているような所が多いです。

動画は当店でも扱っているマラケシュのスウェードバブーシュの工房。

入り組んだ路地裏を入り、「ここは入っていいの?」というような
ちょっと開けるのを躊躇してしまうような小さなドアを開けると、
中ではこのようにせっせとバブーシュを作っています。

モロッコでデザインされたものは、日本人には思いつかないような、
奇抜だけどポップで可愛い色使いのものが多いです。

日本人がデザインしたものはパステルカラーや中間色のものが多いです。

寿命はフローリングの床のお部屋で毎日使用して大体1年。
絨毯のお部屋だと絨毯との摩擦でもう少し寿命は短くなります。
裏面や底が破れたりしたら買い換えどきですね。

また汚れた場合は皮革用のクリーナーでふくときれいになります。

詳しくはバブーシュのお手入れをご覧ください。

「可愛い!」って言われちゃうだけでなく、履き心地も良いバブーシュ。

まだ履いた事のない人は、様々なデザインのバブーシュで、
あなたらしさを演出してみませんか?



バブーシュ商品一覧バナー

トップページはこちら

失敗しないバブーシュスリッパの選び方




バブーシュ選び方バナー

様々なデザインのバブーシュスリッパ。
お店の数も本場モロッコでも国内でも沢山ありすぎて、
どこで選んでいいかわからない!
そんな方に、バブーシュスリッパ選びのポイントをまとめました。


バブーシュ商品一覧バナー


●モロッコでのバブーシュスリッパ選び

モロッコのどこでも売られているバブーシュスリッパですが、
大都市になればなるほど、在庫やデザインも豊富です。

観光で行かれる方がお買い物をするのは、
大体フェズかマラケシュの旧市街が多いと思いますが、
フェズでは伝統的なデザインのものが多く、
マラケシュは洗練されたものや新しいデザインのものが多いです。

マラケシュ旧市街のスーク(市場)の奥には、
バブーシュスークというバブーシュスリッパのお店が集まった場所があります。



バブーシュスークの入り口。頭上の看板が目印。
細い路地に沢山のバブーシュのお店が並んでいます。



スークの手前のお土産屋さんでは観光客向けに
品質のあまり良くないものも売られているので、
奥まで行くのはちょっと怖いですが、
思い切ってバブーシュスークまで行くことをおすすめします。


●臭いには気をつけるべし!

バブーシュスリッパを手にしたことのない人が意外と見落としがちなのが「臭い」。

バブーシュスリッパは羊や山羊、牛の皮をなめして作られるので
どうしても動物っぽい、独特の臭いがあります。

高いなめし技術を施されたものは臭いが軽減されますが、
安価な低品質の革を使ったバブーシュ
スリッパはほんっとに臭い!!

モロッコは乾燥した土地なので、モロッコでそれほど臭いを感じなくても、
日本の湿気たっぷりの空気に触れると「く、くさい…」となることも。

ですので、モロッコのスークで買う時点で臭いが強いものは避けた方が良いです。

もし、臭いが気になる場合の対処としては、
しばらくベランダなどで風通しをして臭いを飛ばしてください。
(直射日光や雨には気をつけてください。)

あとは、しばらく辛抱して普通に使っているうちに臭いは消えていきます。


●安すぎるのはおすすめしません

モロッコのスークで色とりどりに売られているバブーシュスリッパ
どれも可愛いし安い!と飛びつくのはちょっと待った!

あまりにも安い値段で売られているものは、
ビニールの合皮製の場合があります。

合皮のものは本革と違い、通気性がないので履き心地が
ベタベタとしてムレたりしてあまり快適ではありません。
バブーシュ
スリッパの醍醐味は、本革の履き心地ですので、
私からすると合皮のバブーシュ
スリッパは買う意味があまり感じられません。

合皮かどうかの判断は臭いを嗅いでみて、
無臭すぎるものは疑った方が良いかもしれません。

そして安いものは壊れやすいです。
すぐに穴があいてしまったり、ビーズ細工がとれてしまったり。

せっかくの旅の思い出に買うバブーシュ
スリッパですので、良い物を買って下さいね。

1足80〜150DHくらいが相場だと思うので、
それ以上安い場合はすぐダメになる心構えで購入しましょう。

●サイズについて

モロッコではかかとがちょっとはみ出るくらいが丁度良いサイズとされています。
また、外国製のものは甲や幅が狭く作られているものがあるので、
できれば試着してから買った方がベターです。



●国内通販でバブーシュスリッパを買う場合

雑貨店やショッピングモールで実際お店で目で見て買う場合は
品質も自分の目で確かめられますが、ネットなどの通販で
バブーシュ
スリッパを選ぶのも数が多すぎて悩ましいですよね。

国内でバブーシュ
スリッパを販売しているお店の仕入れ方法は様々ですが、
ざっくり分けると、自社工房(もしくは契約工房)を持っている所と、
モロッコで売られているものを買い付けて販売している所の二つに分けられます。

自社工房や契約工房でバブーシュ
スリッパを作っている所は、
日本人がその工房を管理している場合が多いので、
品質も日本人向けに上等なものが多いです。

その代わり、資材費や人件費がかかるので、商品価格は高めとなります。

対して買い付けたものを販売しているお店は、価格はお手頃ですが、
モロッコ品質の場合が多いので、縫い目がガタガタだったり、
ペイントがはみ出ていたりビーズがとれていたり、
革の臭いもきつかったりします。

詳しくは バブーシュ品質の比較「知らないと損!これだけ違うんです!」をご覧ください。

安価なものでも状態の良いものを扱っているお店もありますが、
ネット販売で見分けるのは難しいでしょう。

個人的には3,000円以下のバブーシュ
スリッパは、ちょっとリスクがあるかな?と思います。

当店で扱っているバブーシュスリッパは、
日本人によって管理された契約工房で作ったバブーシュ
スリッパと、
マラケシュのスークで品質の良いバブーシュ
スリッパを販売している
お店から買い付けたもの両方を販売しています。

契約工房製のものは、革の品質、縫い目のきれいさ、
デザインともに日本人のお客様にご満足いただける品質となっております。


契約工房で作っているハイクオリティバブーシュ
写真のバブーシュはマーメイド・ムーンライト


モロッコから買い付けたバブーシュスリッパも、
意識の高いショップから購入しているので、契約工房製に比べると劣りますが、
それでも問題なくお使いいただけるものを仕入れています。



モロッコのお店で買い付けたスウェードバブーシュ・ダリア

安いものを購入して次々新たなものに買い換えていくか、
良いものを長く愛用していくかの考え方は自由ですが、
「あぁ、失敗した…」とならないお買い物をして下さいね。



バブーシュ商品一覧バナー


トップページはこちら

バブーシュ品質の比較 「知らないと損!これだけ違うんです!」



バブーシュなんて、どれも同じと思っていませんか?

でも作る工房によって結構違うんですよ。


バブーシュ品質バナー


それに気がついたのは工房オーダーで
 オリジナルバブーシュを制作した時でした。


それまで当店のバブーシュは、
マラケシュのスークで売られている物を買い付けていました。
日本人の業者さんを通じて入荷していましたが、
ある時、色を職人にある程度おまかせしてくれたら比較的安い価格で
オリジナルバブーシュを作れるとのことで、さっそく試しに作ってもらいました。

それが写真右のバブーシュです。




最初に右側のバブーシュだけの完成品写真が送られてきて、
その時は普通に「かわいい!」と思ったのですが、
業者さんから「作り直しをした方が良い」と申し出がありました。



良く見ると雑な作りであった。

「そんなに作り直さないといけない程のクオリティなのかな?」
最初の写真の段階では「これでも十分だよ。」正直そんな風に思いました。

しかし、やはり業者さんから「あまりおすすめできる品質ではない。
作り直しは無償でやるので、作り直しをおすすめします。」と言われたため、
作り直してもらいました。それが左の写真のバブーシュになります。

「違いを見てみて下さい。」と業者さんは作り直し前と後の物、二つを送って来ました。
さっそく見てみると明らかな違いが…。


バブーシュ 品質

上から見た写真だとあまりわかりませんが、近くで見てみると差が歴然としています。
作り直し前のものはペイントがはみ出しています。


バブーシュ 品質

右のバブーシュは縫い目もがたがたになっています。

バブーシュ 品質

飾りのサブラボタンもぐらぐらでしっかりしていません。
上から2番目の紫のボタンは大きさも違っています。



決定的な違いは「ニオイ」でした。

そして何よりはっとさせられたのは「ニオイ」でした。

バブーシュのニオイについては今まで履いた事のある方ならわかると思いますが、
独特の革の臭いがします。

これまで当店で入荷してきたバブーシュは少し臭いのあるものもありましたが、
私の感覚で耐えられないほどのものはありませんでした。
しかし作り直し前のバブーシュは私でも
「これは部屋に置いておくのはキツいな。」と思うレベルでした。

バブーシュの臭いの強さは使用している革の質によって変わります。
安価な物はそれだけきつい臭いになります。

作り直した後のバブーシュは「おや?」と思うほど臭いが少なくなっていました。
(全く臭いが無いという訳ではありません。)


なぜここまでバブーシュの品質が変わったのか?

作り直し前のバブーシュも決して不良品と言う訳ではなく、
モロッコのスークでは普通に流通しているものです。

今回のバブーシュは作り直し前も作り直し後も同じ工房で制作しています。
ではなぜここまで品質が改善されたのか?

それは職人をコントロールする人間を間に入れた事でした。
最初に作ったバブーシュは、
制作費を削減するために直接職人にオーダーをしたものでしたが、
職人によっては商品の品質に対する意識が低かったり、
知識や技術が足りなかったりで、
レベルの低いものが出来上がってしまう場合があります。

今回間に入れたコントロール役の人間は、元々テーラーだった人物で、
良い物を知っている人間が間に入った事により、素材だけでなく、
バブーシュの作りそのものの品質も向上しました。

革の質感はとても柔らかくすべすべの肌触り。
中敷きのスポンジも従来のものより厚めに入れているので、ふわふわの履き心地です。

実際、この工房制作のバブーシュをお買い上げいただいたお客様にも、
「前に他店で購入したバブーシュより作りがしっかりしている。」と感想をいただきました。


「良いもの」を選ぶ事により、
  様々な面で良い事があるのです。


作り直し前のバブーシュを販売することも問題は無いのですが、
当店では「良いもの」を皆様に使っていただきたいので、

作り直し前のレベルのバブーシュは、販売対象から外しております。

現在ショップページににアップされているバブーシュは
数カ所の工房で制作した物が混在しておりますが、
バブーシュ(ハイクオリティ)として販売しているものが、
この工房制のバブーシュとなっております。

バブーシュ 品質

手前:直接職人にオーダーしたバブーシュ。 
奥:コントロール役を入れて作り直したバブーシュ。

人件費を削ったり安い資材を使って価格を押さえたバブーシュを販売する考え方もありますが、
当店としては「良いものを長く愛用していただきたい」と思っているので、
今後も多少人件費や材料費はかかっても
質の良いバブーシュを仕入れていこうと考えております。

ですので、販売価格を下げる事はなかなか難しくなってきてしまうのですが、
出来る限り皆様にも手に取りやすい価格になるよう努力してまいります。

また、良いものを作って消費者に喜んでもらうという意識を
職人の方々にも理解してもらうことは、彼ら彼女らの技術向上や、
仕事に対するモチベーションにもつながることと考えています。

「質より量」で「とりあえず」なものを大量に作って大量に消費するのは、
私自身あまり好きではありません。

適当なものをとりあえず買ってすぐ駄目になってしまう方が、
結局は無駄に繋がるような気がします。

ものに対する愛情、社会に対する貢献、お客様に喜んで頂ける事、
そんな気持ちを持ってこれからも商品の提供ができたらと思っています。


バブーシュの革の品質へのこだわり。(追記)

メズモロ提携のバブーシュ工房のスタッフは、革の品定めにはこだわりを持っています。

素材になる羊革はスーク(市場)で売られているのもを仕入れていますが、
安価な革は束になってまとめ売りになっているものもあり、
多くのバブーシュ業者は革の品質など気にせずに
安い束の革を仕入れ、バブーシュを作ります。

そのため、出来上がったバブーシュはシミやシワだらけだったり、
ゴワゴワした肌触りだったり、ぺなぺなだったり。
バブーシュ最大のネックである獣臭も強いものだったりします。

以下は粗悪品ではなく、一般的なレベルのバブーシュですが、
それでもこのような点が見られます。



塗料の色むら



革の変形(シワ)



型を切り出した時のペン跡



当店で扱っているハイクオリティバブーシュにはこのようなものはありません。

当店提携工房のスタッフは、まとめ売りの束ではなく、一枚一枚売られているものを、
これまた一枚一枚丁寧にシミやシワの状態、肌触り、臭いを丁寧にチェックして、
納得のいくものを仕入れています。

とても手間がかかっているのです。

なのでメズモロのハイクオリティバブーシュ
一般的なバブーシュと比べて仕上がりが全然違います。

ハリがあるけど肌触りはすべらか。
シミも少なくてきれいだなと、私もうっとりしちゃいます。




ハイクオリティバブーシュ・マーメイド




臭い対策はいりません

また、品質の良い革はバブーシュ特有の獣臭も劇的に少ないです。

全く匂わないという訳ではありませんが、気にならないレベルです。

バブーシュの臭い対策として外に干して風通しをしたりしますが、
私の感覚ではその必要はないレベルの臭いだと思います。
(臭いの感覚には個人差はありますが・・・。)

可愛いバブーシュは買ったらすぐに履きたいですよね。

臭い対策を気にしないで履ける、しかもきれいなバブーシュ。

その違い、ぜひ手にして比べてみて下さい!!






どうせ買うなら良いものを♪

バブーシュ商品一覧バナー



モロッコラグとモロッコ雑貨通販「メズィヤーン モロッコ」トップページへ戻る

バブーシュが汚れてきたら・・・「お手入れ方法について」



バブーシュお手入れ 

大人キュートなバブーシュの商品一覧はこちら


おしゃれで可愛いバブーシュ、特に白や色の淡いものは人気がありますが、
汚れが気になる方も多いですよね。

そこで、バブーシュの汚れを落とす方法をまとめました。

●汚れの軽いもの、範囲の狭いものは消しゴムで


薄めの汚れや、ちょっとした汚れでしたらこれで落ちる場合があります。
あまり強くこすると、元のペイントが剥がれたりするので、注意が必要です。

●靴クリーナーで拭く

これでほとんどの汚れは落とせると思います。
靴用クリーナーは靴屋さんや、ホームセンターで手に入ります。
参考までに、汚いバブーシュで申し訳ないですが、
下の写真は革靴用(無色)のクリーナーで拭いたものです。

バブーシュお手入れ

わりと簡単に汚れは落とせました。
あえて周りに汚れを残しておいたので、汚れが落ちた部分との差を見てみて下さい。


●頑固な汚れは補修カラーで塗り足す


靴クリーナーでも落とせない場合は、補修カラーで色を塗り足す事もできます。

何色か出ているシリーズもあるので、色を混ぜて使用する事も可能です。

↓参考商品

補修用クリーム「アドカラーホワイト」

サフィールカラー補修クリーム



●汚れが着く前に防ぐ

頻繁に履いていると、どうしてもかかとの部分が黒ずんできたりしますが、
これはほぼ汗や皮脂から来る汚れなので、
まめに油や水をはじく防水スプレーをしておくと汚れが着きにくくなります。

↓はデリケートな羊革にもおすすめの商品です。

シュプリームプロテクトスプレー


●スウェードも同じく防水スプレー&クリーナーでお手入れ

スウェードの場合は、スウェード専用のクリーナーでお手入れしていただきますが、
基本的には普通の革と同じで、クリーナー+防水スプレーで汚れを防ぐ事ができます。


バブーシュ商品一覧バナー

トップページに戻る

「愛でるスリッパ」〜自分を幸せにするバブーシュ〜


バブーシュ商品一覧バナー

幸せバブーシュ


●ただの室内履きではない、眺めて、触れて、慈しむスリッパ

私が初めてバブーシュを履いたのは、このショップを立ち上げる少し前くらい。
それまでは、布製の普通のスリッパを履いていて、
スリッパに数千円もかけるなんて考えたこともありませんでした。

モロッコに旅行に行ったのがきっかけで履き始めたバブーシュ。
それ以来、普通のスリッパには戻れなくなりました。

高級感のある革の質感、
すべすべで中敷に仕込まれているスポンジがふわふわと土踏まずに心地よく、
キラキラビーズとスパンコールは可愛く、足にフィットする形は、
足元をすらっと洗練された印象にキメてくれます。
それまでのスリッパはブカブカでパタパタしていて、
急に野暮ったく感じるようになりました。

バブーシュに変えたことで、自分の意識も変わったように思います。
足元がおしゃれになると、お部屋もきれいにしないとな〜と、
前よりお掃除をちゃんとするようになりました。(笑)

それに何より、自分の足元の可愛いバブーシュを見ていると、
嬉しくてご機嫌でいられます。


バブーシュ 白
バブーシュ・マーメイド ホワイトヘヴン

単なる履物ではなく、眺めて、触れて、慈しんで、
自分を心地よくいさせてくれる、モロッコのバブーシュはそんな存在です。



●明るい気持ちは幸せを引き寄せる!

メズィヤーンモロッコの願いは、
モロッコの職人さんも、日本のお客様も幸せになってもらうこと。
可愛いバブーシュを手にすることで、お客様が笑顔になれば、
お客様の周りの人にも笑顔が増えて、
ハッピーな空気が世の中に広がれば良いなと思っています。

実際、バブーシュをお買い上げになったお客様からは、
以下のようなご感想が寄せられています。

「お部屋にバブーシュがあるのを見ると、ついニヤニヤしちゃいます。」

「職場用に購入しましたが、お仕事に行くのがうきうきします!」

「86歳の母の誕生日プレゼントにオレンジのバブーシュを贈りましたが、
きれいな色に少し元気が出たようです。」

(↑女性はいくつになってもきれいなものを見ると元気になりますよね〜。*^ ^*)

このように、自分がハッピーな空気をまとえば、
自分のまわりの旦那さんや子供達や、お友達、職場の仲間、
みんな明るい気持ちになります。

明るい気持ちは幸せを引き寄せます!

みんなが幸せになるために、
可愛いバブーシュでまずあなたから明るい気持ちになってみませんか?


バブーシュ商品一覧バナー

メズィヤーンモロッコトップページへ

ページトップへ