トップバナー202206
大田区・洗足池店舗へのアクセスなど
詳細はこちら

旅する小説「星の王子と砂漠の井戸」

第20話 <それは目では見えないものだった>


出発の時。


優はリヤド近くの駐車場まで見送りに来てくれた。


「それじゃ」


いつものように淡々とした様子で優は言った。

「優はこれからどうするの?」


「うーん、もうちょっとモロッコを見ていくよ」


「そう、気をつけて」


モハメッドがトランクに荷物を入れて、私も車に乗り込んだ。

優はモハメッドを見ると
「見つけたよ!」と言い、

モハメッドは親指をたててニッと笑った。



何だろう?と思いながらも優に言った。


「ありがとう、いろいろあったけど楽しかった」


「うん、俺も。 ありがとう」


真っ直ぐな、澄んだ目だった。


「Here we go!」


モハメッドが言い車は動き出した。


手を振る優に日の光が降り注いで輝いて見える。

やっぱりあなたは最後まで王子だね。


自分でも意外なほど泣かなかった。
車が優から遠ざかっても後ろを振り向かなかった。

前だけを真っ直ぐ見ていた。


途中、信号待ちの時に、モハメッドが小さな包みを手渡した。


「プレゼント!」


中を開けるとローズウォーターとアルガンオイルのセットだった。


モハメッドは「こういうの好きでしょう?」とウインクした。


「サンキュー!」


私はモハメッドに嫌な思いをさせたこともあったのに、
こんなサプライズ。

さすがに涙がこみあげてきそうになった。


「ワンモア」

とモハメッドは人差し指をたてて、小さな袋を差し出した。


「ユーから。
自分であげなよって言ったんだけど恥ずかしいからって」


中を開けてみると、
綺麗な装飾の付いた小瓶に入ったサハラの砂だった。



それと一緒に小さなメモ書きも入っていて、メモを
開くと
「ここには砂漠の井戸が入っています」と書いてあった。



星の王子 第二十一話


モハメッドが言った。

「君が一人でランチをしている時に、二人で話した事があったんだ。

『日本は平和でとても豊かな国なのに、君もナミも悲しい顔に見える。
なんでなの?』
って彼に聞いたんだ。

彼はその後考え込んでしまったんだけど、

『探し物が見つからない人が多いんだよ、日本は』と言った。

『何を探しているかすらわからない……』って笑ってた。

でもさっき僕に『見つけたよ!』って言ったよ」


気がつくとぼろぼろと大粒の涙がこぼれていた。
よくわからないけど、とても暖かな涙。


「Are you loved?」


モハメッドが聞いた。

「うん」と私は頷いた。



サハラ砂漠に不時着した星の王子さまの主人公は、
旅の終盤に見つけた井戸で王子さまと一緒に水を飲んだ。

一人で汲んだ水だったら普通の味だっただろうけど、
共に旅をしてきた王子さまと二人で汲んで
飲んだ水は特別おいしかった。

星の王子様に出てくるキツネのセリフ。

本当だ、物語の中でキツネが言っていたとおりだ。

普通の水だって普通の砂だって、
そのまま見ればただの水、ただの砂。

でも、小瓶の中の砂が特別美しくキラキラ輝いているのは、
あなたがくれた砂だからなんだね。




会員登録で便利&お得情報ゲット!

10,000円以上お買上げで送料無料
(北海道と沖縄は15,000円以上で送料無料)

ポイントは登録後すぐに使えます。
ポイントプレゼントバナー

友だち追加でお店の情報が届きます。
友だち追加

楽天ID決済がご利用できます。
楽天ID決済

在庫処分バナー

営業日カレンダー
  • 今日
  • 休業日
  • 店舗営業日



洗足池店舗営業日は
水・木・土の11:00-17:00です。
オンラインショップのご注文は
いつでもしていただけます。
日曜日はネットショップの
お問い合わせ等もお休みとなります。

洗足池店舗詳細はこちら


店主よりご挨拶

こんにちは!メズモロです!
キュートなモロッコ雑貨を、
真心をこめてお届けします!

モロッコを旅して出会ったモロッコの雑貨たち。
その可愛さに心を奪われただけでなく、
モロッコの工芸品を買う事はモロッコの人々の
生活の助けになるという事を知り、
2013年にショップを立ち上げました。
小さなショップですが素敵なモロッコ雑貨を通じて、
モロッコと日本の人々の笑顔が増えれば幸いです。

店長日記はこちら >>

ショップインフォメーション

モロッコラグについて

バブーシュについて

モロッコ旅行記Season1

モロッコ旅行記Season2

旅する小説「星の王子と砂漠の井戸」

ページトップへ