トップバナー202206
大田区・洗足池店舗へのアクセスなど
詳細はこちら

旅する小説「星の王子と砂漠の井戸」

第19話 <砂漠の井戸>


エッサウィラからマラケシュのバスターミナルに戻る頃には、
日はとっぷりと暮れていた。


最後のモロッコの夜ということもあって、
宿までのんびり歩いて帰ることにした。


何だか不思議な安心感があったのは、
隣に優がいるからっていうのもあるけど、

もっとこう「どうあれ自分は大丈夫」という根拠のない安心感。


モロッコの旅でいろいろあったけど、その都度なんとかやってこれた。


正解のない旅の中、誰かに言われるままでなく、
自分の頭で考えて選択する。

そんな力がほんの少しだけどついた気がする。


どんな結果になっても自分で受け止める覚悟があれば、
何を選んでも大丈夫。
多少の失敗は挽回できる。


自分で選んでいると思えば視点も外向きに変わる。


誰にどう思われようが、自分の「こうしたい」が強くなれば、

自分で自分の道を切り開く事ができる。


こういうのを自分の足で立つっていうのかな?


自分の足で立つのは怖いと思っていたけど、
それはむしろ自由で軽やかだ。


でもこう思えるようになったのは、自分一人の力ではない。


モロッコという地で、
この人との出会いで気づけた事はたくさんあった。


ゆっくりと歩調を合わせて歩き、
クトゥビアの塔の前にさしかかった頃、優が言った。


「ねぇ、礼拝の呼びかけのアザーンってあるじゃん?

モロッコ人が日本の焼き芋屋の声を聞くと
アザーンを思い出すんだってよ」


「ぶっ! 確かに似てる!

ってことは私たちも焼き芋屋の声を聞いたら
アザーンを思い出すのかな?」


「ははは」と二人で笑った。


ふと、「また、会えるかな?」と聞こうと思ったけど、
何だか野暮な気がしてやめた。


私が日本で焼き芋屋の声を聞く時……
って全然ロマンチックじゃないが、

ふわふわの茶色の髪と長いまつげ、
モハメッドの大きな笑い声、
モロッコの人々の屈託のなさ、
そんなものを思い出してわくわくしたり、
暖かくなったり、
ちょっと切なくなったり。


真っ暗な宇宙の中に放り込まれてしまったような時も、

それらは宇宙にきらめく星みたいに
いつでも私を照らし導いてくれる。


あれ? 砂漠の井戸って、もしかしてこれ?


この瞬間見つけた、と言うより
「あぁこれだ」とわかったと言った方がしっくりくるか。


でもそれはこの旅の中の時間、
笑ったり怒ったり悩んだり、心が磨かれたから見えた事。

磨かれた心の中には気づけば「大切」が生まれていた。

ふいに優は立ち止まり、じっと私の顔を見つめた。

「何?」と聞くと、「ううん」と首を横に振った。


そして、すっと私の頬に手を触れ、
優しい目をして

「奈美、すっぴんもかわいいよ」と言った。



星の王子 第二十話


「え?」


次の瞬間優は「パン!」と手を叩いて、


「はい! ジューススタンドまで競争! 負けた方がおごりね!」

とフナ広場の方に走り出した。


一瞬何が起こったかわからなかったが、すぐに私は
「ずるい! 待てコラ!」と優を追いかけた。


観光客や地元の人々で賑わう中、
二人は笑いながらジューススタンドまで広場を駆け抜けた。




会員登録で便利&お得情報ゲット!

10,000円以上お買上げで送料無料
(北海道と沖縄は15,000円以上で送料無料)

ポイントは登録後すぐに使えます。
ポイントプレゼントバナー

友だち追加でお店の情報が届きます。
友だち追加

楽天ID決済がご利用できます。
楽天ID決済

在庫処分バナー

営業日カレンダー
  • 今日
  • 休業日
  • 店舗営業日



洗足池店舗営業日は
水・木・土の11:00-17:00です。
オンラインショップのご注文は
いつでもしていただけます。
日曜日はネットショップの
お問い合わせ等もお休みとなります。

洗足池店舗詳細はこちら


店主よりご挨拶

こんにちは!メズモロです!
キュートなモロッコ雑貨を、
真心をこめてお届けします!

モロッコを旅して出会ったモロッコの雑貨たち。
その可愛さに心を奪われただけでなく、
モロッコの工芸品を買う事はモロッコの人々の
生活の助けになるという事を知り、
2013年にショップを立ち上げました。
小さなショップですが素敵なモロッコ雑貨を通じて、
モロッコと日本の人々の笑顔が増えれば幸いです。

店長日記はこちら >>

ショップインフォメーション

モロッコラグについて

バブーシュについて

モロッコ旅行記Season1

モロッコ旅行記Season2

旅する小説「星の王子と砂漠の井戸」

ページトップへ