トップバナー202206
大田区・洗足池店舗へのアクセスなど
詳細はこちら

旅する小説「星の王子と砂漠の井戸」

第10話<フェズのリヤド>


この日は早めにリヤドという宿に連れて行かれた。

ツアーのスケジュールに
ローカルハマムに行く予定が入っていたからだ。


ハマムとは蒸し風呂の事で、
ラグジュアリーなオイルマッサージが
ついているスパ的なハマムもあるけど、

これから行く所はローカルなハマム。



日本で言ったら銭湯と言ったところか。


モロッコの人々は、ハマムで体をきれいにしながら、

コミュニケーションの場としても利用する。


優はいつものごとく

「また明日ーー!」とどこかに消えて行った。


モハメッドが私の荷物を運んでくれて、リヤドに到着すると、

吹き抜けの空間に豪華なタイル装飾が
夢のように美しいロビーに通された。


リヤドとはモロッコの古い邸宅を改装した宿のことで、

フェズのリヤドは重厚感というか趣がある。


部屋に案内されると私の腰くらいの高さで、

私が三人くらい寝られそうな天蓋付きのベッドがデーンと置いてあり、

さらに部屋の中のドアを開けると6畳くらいの広さの
バスルームで
これまた映画に出てきそうな猫足のバスタブが置かれていた。


リヤドのスタッフが


「1時間後にハマムに行くから準備しておいてね」

と言って部屋を出ていった。


「きゃーー!」とベッドに飛び込む。


「お姫様になったみたいーー!」


これまでのお宿も素敵なベッドはあったけど、

ここはおとぎ話に出てくるお姫様が眠るベッドそのものだった。


キラキラと光沢のあるカーテン、

ふかふかのマットレスにはさらっと心地良いシーツがしつらえてあり、

猫みたいに肌触りのやわらかな毛布が体を包み込む。


ほんのりと明かりが灯る部屋には、
豪華で緻密な型抜きが施されたモロカンライトが灯り、

そこから漏れる光が壁に映し出す模様は妖艶さを演出していた。


ベッドサイドにはバラのポプリが置いてあり、
臭覚からも甘い雰囲気を盛り上げる。


「快」の極み。

「これで隣に王子様がいたら最高なんだけどな」


って王子って誰!?


一瞬優の顔がよぎった。


「いや、違うだろ」とつぶやき、慌てて悟史のことを思ったが、

また辛気臭いモードになるのも嫌で、
「やめやめ!」と頭を切り替えて、

スマホに入れてきたお気に入りのJ-POPを聴きながら目を閉じた。


1時間後、スタッフが
「行きましょう」と呼びに来てハマムに向かった。


複雑に入り組んだ迷路のような細い路地を何度か曲がると、

すぐに方向感覚がなくなる。


「一人じゃ絶対帰れないな」


スタッフは慣れているせいかスタスタと先を行く。

はぐれないように必死で後を追った。





会員登録で便利&お得情報ゲット!

10,000円以上お買上げで送料無料
(北海道と沖縄は15,000円以上で送料無料)

ポイントは登録後すぐに使えます。
ポイントプレゼントバナー

友だち追加でお店の情報が届きます。
友だち追加

楽天ID決済がご利用できます。
楽天ID決済

在庫処分バナー

営業日カレンダー
  • 今日
  • 休業日
  • 店舗営業日



洗足池店舗営業日は
水・木・土の11:00-17:00です。
オンラインショップのご注文は
いつでもしていただけます。
日曜日はネットショップの
お問い合わせ等もお休みとなります。

洗足池店舗詳細はこちら


店主よりご挨拶

こんにちは!メズモロです!
キュートなモロッコ雑貨を、
真心をこめてお届けします!

モロッコを旅して出会ったモロッコの雑貨たち。
その可愛さに心を奪われただけでなく、
モロッコの工芸品を買う事はモロッコの人々の
生活の助けになるという事を知り、
2013年にショップを立ち上げました。
小さなショップですが素敵なモロッコ雑貨を通じて、
モロッコと日本の人々の笑顔が増えれば幸いです。

店長日記はこちら >>

ショップインフォメーション

モロッコラグについて

バブーシュについて

モロッコ旅行記Season1

モロッコ旅行記Season2

旅する小説「星の王子と砂漠の井戸」

ページトップへ