トップバナー202206
大田区・洗足池店舗へのアクセスなど
詳細はこちら

旅する小説「星の王子と砂漠の井戸」

第4話<古都フェズの街へ>


1時間かけて来た砂漠を1時間かけて戻る。


「ラクダハラクダ、ハァーツカレタ」

今日もダジャレ祭りである。


砂漠の入り口のホテルに着くとすでにモハメッドは来ていた。


「おはようマダム! 楽しかった?」


「楽しかった!」


本当はもっと感動したんだけど、言葉が出てこない。
英語の成績は悪くはなかったけど、会話となると喋れない。


優は私の後ろに立って様子を伺っていた。


「そうそうモハメッド! この子も車に乗せてもいい?

一緒にモロッコを回ろうと思うんだけど……」


と聞いてみるとモハメッドは少し驚いたようだったけど、



「あなたがそうしたいならどうぞ。 これはあなたの車です」



と言った。


私と優は「よかった!」と言う感じで顔を見合わせ、
3人の旅がスタートした。


ここから目指すのはモロッコの古都、フェズの街。
日本で言ったら京都のような位置づけらしい。



到着まで8時間、今日も一日移動で終わる。


砂丘のほとりのホテルを出発すると、
硬い地面に小石が混ざった礫砂漠が広がっている。


その礫砂漠の中の道路というより轍のような跡を辿って
舗装された道路まで30分ほど走る。



よくこんな道を覚えられるな……。


その途中にはただ座っている子供を見かけた。
いったいどこから来たのか?

こんな何もない場所で何をしているのか?



途中エルフードの街で休憩がてら化石博物館に立ち寄り、

それからミドルアトラス山脈を越える。

モロッコは北部と南部を遮るように山脈が走っているが、
4000メートル級の山々が連なる大アトラスと、
中アトラス、小アトラスがある。

これから通るのは中アトラス。

アトラスより南側は乾いた砂漠地帯が広がるが、
北部は農村地帯になっている。

途中、ミデルトという街でランチ休憩をした後、
車はさらに北へ進み、景色は小石がごろごろした岩山から、
緑の草地が目立つようになってきた。

日が暮れかけた頃、私たちはフェズの街に到着した。


フェズはモロッコで三番目くらいに大きな町で、
旧市街と新市街に分かれている。

旧市街はベージュの土壁で統一されていて、
古い建物がひしめき合う細い路地は、
光と影のコントラストがミステリアス。
何かの雑誌で見かけたエキゾチックな迷路の街そのもの。

すれ違うのがやっとなくらいの路地は、
大きな荷物を背中に積んだロバが通り過ぎて行き、
がやがやと騒がしい。


星の王子 第四話


行き交う人々の足元には、
小さな娘さんを連れた女性が座り込んでいて、
「バクシーシ、バクシーシ」と言っている。

「『施しを』って言ってるんだよ」

優はそう言って小銭を女性に渡した。

モハメッドは
「フェズはあんまり治安が良くないから
チェックイン後は外に出ないでね」
と言った。


この街は失業率が高く、怪しげな人も多いらしい。

旧市街の入り口のブー・ジュルード門から
ほど近いホテルにチェックインし、


「明日はシャウエンに行くから早く出発するよ! 8時出発ね!」

と言って、
モハメッドはホテルを後にした。


優も「適当に宿を探すわ」と言って街中に消えていった。


私はずっと走り通しで疲れたので、フロントでお湯をもらい、

日本から持参したカップ麺をすすってこの日は寝た。



会員登録で便利&お得情報ゲット!

10,000円以上お買上げで送料無料
(北海道と沖縄は15,000円以上で送料無料)

ポイントは登録後すぐに使えます。
ポイントプレゼントバナー

友だち追加でお店の情報が届きます。
友だち追加

楽天ID決済がご利用できます。
楽天ID決済

在庫処分バナー

営業日カレンダー
  • 今日
  • 休業日
  • 店舗営業日



洗足池店舗営業日は
水・木・土の11:00-17:00です。
オンラインショップのご注文は
いつでもしていただけます。
日曜日はネットショップの
お問い合わせ等もお休みとなります。

洗足池店舗詳細はこちら


店主よりご挨拶

こんにちは!メズモロです!
キュートなモロッコ雑貨を、
真心をこめてお届けします!

モロッコを旅して出会ったモロッコの雑貨たち。
その可愛さに心を奪われただけでなく、
モロッコの工芸品を買う事はモロッコの人々の
生活の助けになるという事を知り、
2013年にショップを立ち上げました。
小さなショップですが素敵なモロッコ雑貨を通じて、
モロッコと日本の人々の笑顔が増えれば幸いです。

店長日記はこちら >>

ショップインフォメーション

モロッコラグについて

バブーシュについて

モロッコ旅行記Season1

モロッコ旅行記Season2

旅する小説「星の王子と砂漠の井戸」

ページトップへ