RSS

お客様の声バナー

店舗告知バナー

※ショップ掲載の商品写真は、ご覧になっているモニターによって実物とは色合いが異なる場合があります。
 

他のバブーシュと何が違うの?「メズモロのバブーシュを選ぶ理由」



最近ショッピングモールや雑貨店、
ネットショップなどあちこちで販売されるようになってきたバブーシュ。

その品質はピンキリですが、
メズィヤーン モロッコのバブーシュは他とどう違うのか???


バブーシュ商品一覧バナー


●最初は雑な作りだった・・

「職人のおまかせでバブーシュが作れますよ。」と言われ、
喜んで作ってもらったバブーシュの第一号は、
日本のお客様に向けて販売できるレベルのものではありませんでした。。

バブーシュの品質は作られている工房によりピンキリですが、その悪い方のレベル。。

その後、縫製、革の質など改善されたものを作りましたが、
初期型の何がだめで、改良型の何が良いのか、
以下はその工房で作った両者のバブーシュを比較したものです。




初期型(右)と改良型(左)
一見差がないように見えますが、
よく見ると出来映えにれっきとした違いがあります。

バブーシュ 品質

左側のものはきれいに出来ていますが、
右側のものはペイントがはみ出しています。


バブーシュ 品質

縫い目も左側のものはきれいですが、
右側はガタガタになっています。


バブーシュ 品質

右側のものは飾りのサブラボタンの縫い付けもグラグラです。
上から二番目の紫のボタンは大きさも違っています。


右側のものは最初、直接職人におおまかな希望デザインだけを伝えて、
おまかせオーダーで作りました。
その方が人件費が安くなるからです。

ですが、職人によっては、革選びの知識がなかったり、
縫製レベルについての意識が低い人もいるため、
出来上がったものはこのような残念な仕上がりに。。

なぜそれが改良されたのかと言うと、
職人との間に縫い目のチェックや革の目利きができる、
工房を統括して管理する人間が入ったことで、品質レベルが格段に上がりました。

管理者が介入した分人件費はかかりますが、ものづくりに対する意識と
知識レベルの高い人間が関わったことにより良いものが作れるようになりました。

また、重ねて現地の日本人による検品もなされているので、
日本のお客様にもご納得していただける品質のものがご提供できます。

初期型も改良型も同じ工房でのことですが、
バブーシュ工房よっても品質に差が出ます。

日本人が工房を管理しているような所はきちんとした品質のものが多いですが、
モロッコで販売しているものを直接仕入れている所は
仕上がりが微妙なものも多いです。



●決定的な違いはニオイです!

革の品質で左右されるのがにおいです。

嗅いだことのある方ならわかると思いますが、
ものによっては何とも言えない獣のような
アンモニアのような強烈なにおいを放つものがあります。

上の初期型のバブーシュは、とにかくにおいが強烈でした。

それまで扱っていたバブーシュもにおいは少しありましたが、ここまで臭いものはなく、
一足のバブーシュで部屋中がどうしようもなく臭くなってしまい、
「こりゃいかん」と思いました。

どうしてこのにおいが出てしまうのかというと、
化学薬品を使わないなめし(動物の皮から革にする工程)のため。
なめし技術のレベルが高くなると革のにおいは激減しますが、
革の価格は上がります。

そのため、安い革を購入して作ったバブーシュは
においがきついものが多いです。
安いバブーシュをおすすめしないのはそのためです。

私の個人的な見解としては、
3000円以下のものは気をつけた方がいいかなと思います。


●臭いの対策はいりません

品質の良い革はバブーシュ特有の獣臭も劇的に少ないです。
全く匂わないという訳ではありませんが、気にならないレベルです。

バブーシュの臭い対策として外に干して風通しをしたりしますが、
私の感覚ではその必要はないレベルの臭いです。
(臭いの感覚には個人差はありますが・・・。)

可愛いバブーシュは買ったらすぐに履きたいですよね。





●当店のバブーシュは日本のお客様向けにこだわって作られています


メズモロと契約しているバブーシュ工房のスタッフは、
革の品定めにはこだわりを持っています。

モロッコのバブーシュ業者は素材になる革はスーク(市場)
で売られているのもを仕入れていますが、
多くの業者は制作費を安く抑えるために
束になってまとめ売りになっている安価な革を
品質など気にせずに仕入れ、バブーシュを作ります。

そのため、出来上がったバブーシュはシミやシワだらけだったり、
ゴワゴワした肌触りだったり、ぺなぺなだったり。
バブーシュ最大のネックである獣臭も強いものだったりします。

当店の契約工房のスタッフは、まとめ売りの束ではなく、
一枚一枚売られているものを、
これまた一枚一枚丁寧にシミやシワの状態、
肌触り、臭いを丁寧にチェックして、納得のいくものを仕入れています。

とても手間がかかっているのです。

なのでメズモロのハイクオリティバブーシュ
一般的なバブーシュと比べて仕上がりが全然違います。

ハリがあるけど肌触りはすべらか。
シミも少なくてきれいだなと、私もうっとりしちゃいます。

もちろん作りも丁寧。
均等に揃った縫い目、ペン跡などもなしです。

また、底に仕込まれているスポンジも一般的なものより厚め、
ふんわり足を包んでくれて至福の履き心地。

きっとご満足いただけるクオリティです。






●以下のようなバブーシュでも不良品というわけではないのです

イマイチ品質なバブーシュも出回っているのが現状ですが、
それらは不良品という訳ではなく、モロッコでは普通に売られています。

高品質なものに慣れている日本人からしたら、
こういった製品はあまり受け入れられないかもしれません。

ちなみに以下のようなバブーシュは「普通」の範囲です。




塗料の色むら




革の変形(シワ)




型を切り出した時のペン跡

「普通」レベルのクオリティのものはありません。
全て「普通以上」のクオリティです。


●良いものを選ぶことにより、様々な面で良いことがあるのです。

多少品質に問題があっても安価なバブーシュを選ぶか、
高価でも品質にこだわって良いものを選ぶかは、
個人の自由ですが、安いものを買って臭くて履けないとか、
すぐダメになってしまって新しいものを買うのであれば、

少し高くても良いものを長く履く方がお得なような気がします。

高価なものはデザインも洗練されていたりしますしね。
安っぽいものはやはりそれなりになってしまうと思うのです。

また、品質の良いものを作って消費者に喜んでもらうことにより、
職人たちの技術向上のモチベーションアップにもなります。
技術が向上すれば商品も売れるようになり、
職人たちの生活水準もアップするのです。

良いものを選ぶことにより、消費者と生産者、
両方が良いスパイラルになりますね。


●最後に

以上がメズモロのバブーシュをおすすめする理由です。

「質より量」で「とりあえず」なものを大量に作って大量に消費するのは、
私自身あまり好きではありません。

適当なものをとりあえず買ってすぐ駄目になってしまう方が、
結局は無駄に繋がるような気がします。

ものに対する愛情、社会に対する貢献、お客様に喜んで頂ける事、
そんな気持ちを持ってこれからも商品の提供ができたらと思っています。


どうせ買うなら良いものを♪
バブーシュ商品一覧バナー


モロッコラグとモロッコ雑貨通販「メズィヤーン モロッコ」トップページへ戻る

ページトップへ