RSS
お客様の声バナー 
9月2日より9月20日まで休業いたします。
その間ご注文は可能ですが、発送及びメール対応は9月21日以降になります。
ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご了承下さいませ。

※ショップ掲載の商品写真は、ご覧になっているモニターによって実物とは色合いが異なる場合があります。
 

モロッコのホテル(三ツ星クラス)


私がモロッコ旅行に行った時に宿泊したホテルです。
パッケージツアーだったので、一泊あたりの値段はよくわからないのですが、
おそらくどのホテルも三ツ星クラスで日本円で5千円前後ではないかと思います。
少しでも参考になればと思い、ご紹介いたします。

●ホテル バトハ(フェズ)
ホテルバトハ

ブー・ジュルード門の近くで、旧市街まで行きやすく、
ホテル前は車も通れる道路なので、利便性は良いです。

最初に通された部屋が「まだ準備してない部屋だった!」と言って、
別の部屋に変えさせられましたが、次の部屋もそう変わりはありませんでした。

室内はグリーンを基調としていて、窓はありますが暗めの印象でした。
シャワールームはバスタブがあり、お湯も問題なく出ました。
トイレ(洋式)とは分かれていました。
テレビはありましたが、電源が入っていないのか見れませんでした。
すごくきれいという訳ではないですが、掃除はきちんとなされていました。
ベッドと小さなテーブルだけの部屋ですが、寝るだけなら全然問題ないです。

wi-fiは二階のバルコニー(上の写真)でしか使えないようです。
フロントのお兄さんにお金を両替してもらったのですが、
私はモロッコ到着間もなかったのと、元々計算が苦手なのもあり、
何度も「あれ?これで合ってる??」と聞いても、親切にお金を数えて確認してくれました。

●ホテル アトラスシェフシャウエン(シャウエン)
ホテルアトラスシャウエン

メディナから少し離れた高台にあるホテルなので、ロケーションはとても良いですが、
メディナまで行くのはちょっと面倒です。
車での移動だったので、歩きでどのくらいかかるかわからないですが、
おそらく15分くらい歩けば町の中心まで行けると思います。

部屋はベッドと荷物置き場程度しかなく、狭いです。
テレビはノイズだらけですが一応見れました。
ベランダとの境の窓が、建付けが悪いのかちゃんと閉まらず、
風の強いシャウエンの高台なので、風の音がうるさかったのが気になりました。

全体的に古い感じですが、掃除はきちんとされています。
ホテル内にレストランがあるので、わざわざ町まで出なくても食事はできます。
一階にラウンジのような所があって(私は行きませんでしたが)、
夜そこで何やら騒がしく盛り上がっていました。

バスタブなし、シャワーとトイレ別、お湯OKでした。

●リヤド サラ(フェズ)
リヤド サラ

フェズの旧市街にあるリヤドです。
こじんまりしたリヤドでしたが、装飾などは伝統的な感じで立派でした。

スタッフは女性が多く、ファティマさんという方はにこやかで親切な方でした。
昔の邸宅を改装した作りなので、エレベーターはないのですが、
狭い階段で私の重いスーツケースを運んでくれました。

部屋は天がい付きのベッドや、装飾が施された天井とモロッコランプ、
サロンもあり、もっとゆっくり滞在したかった宿です。

バスルームはトイレと一体でしたがとても広く、バスタブもかなりゆったりしたサイズでした。
まともなバスタブのある部屋がここだけだったので、
ゆっくりお風呂につかりたかったですが、この日はハマムに行ってしまったので、
結局入らず、次の日の朝も簡単にシャワーを浴びただけでした。

リヤド サラ

メディナの中でも比較的静かな場所にある宿でしたが、
リヤドの中はメディナの喧騒が嘘みたいに静かで落ち着いた空間でした。

●オーベルジュ・ド・スッド(メルズーガ)
オーベルジュ・ド・スッド

サハラ砂漠、メルズーガ大砂丘の中にあります。
日本でオーベルジュというと、宿泊付きレストランをイメージしますが、
モロッコではこの辺りのホテルの事をオーベルジュと言うみたいです。

フェズで街案内のガイドさんに「明日はどこに泊まるの?」と聞かれ、
オーベルジュ・ド・スッド」と言うと、「あぁ、いいホテルだね。」と、
言われましたが、確かにいいホテルでした。

ロビーが入り口と客室のある庭を結ぶ通路になっていて、
かなりオープンなのですが、小鳥が通り抜けたりして素敵でした。

部屋はそれぞれ独立している訳ではないですが、全部平屋でコテージっぽい雰囲気です。
インテリアも可愛いです。
部屋はエアコン完備ですが、私が訪れた4月頃はエアコンなしで快適に過ごせました。
バスタブなし、トイレ別、砂漠の真ん中ですが、お湯も問題なく出ました。

私はこの日早く寝てしまいよくわからなかったですが、
夜は節電のために電気が止まったりすることもあるようです。
(小さな灯りをつけていましたが、消えた様子はなかったです。)

食事はホテルの目の前の砂漠にダイニングが設けられており、
ビュッフェ形式でいただきます。
こういう場所のスタッフなので、のんびりしているのか、
食事時間になってものんびり準備をしています。

若いお兄ちゃんのスタッフが多いですが、
カタコトの日本語が喋れる人も多く、少々チャラいです。(笑)

●リヤド マクトゥブ(アイト・ベン・ハドゥ)
リヤド マクトゥブ

リヤドという名前がついていますが、フェズやマラケシュにあるいわゆる「リヤド」ではありません。
プチホテルと言った感じです。

こじんまりして可愛らしいインテリアのお部屋でした。
ベッドルームの他、部屋を入った所にベルベルスタイルのサロンが設けられています。

リヤド マクトゥブ

日本のお茶の間を彷彿とさせる雰囲気がなんとも落ち着きます。

エアコン完備、バスルームはトイレと一緒で、水がちょっとしょっぱい(?)感じがしました。
お湯も問題なく出ましたが、水はけが悪かったのが唯一残念だった所です。
wi-fiは弱いながらも部屋で使用できました。

ホテル内にレストランがあり、ツアー中はメニューが決まっていることが多かったのですが、
ここでは3種類くらいの中から選べました。
連日タジンばかりだったのですが、珍しくパスタがあり、メニューも日本語で
「連日タジンばかりだと飽きると思い、普通のパスタとちょっと違うかもしれませんが、
ご用意させていただきました。」とも何とも涙ぐましい事が書かれていました。
ちなみにパスタは全然ちゃんとした普通のパスタでした。

支配人的なスタッフは強面で最初緊張しましたが、部屋の鍵が壊れてしまったので、
訴えるとにこやかにちゃんと直してくれて優しかったです。

このホテルは今は終了してしまったようですが、
テレビ東京の「海外行くならこーでね〜と」という番組のモロッコ編で、
現地女性ガイドおすすめの宿として紹介されていました。
私もここはおすすめします!!

●ホテル イスレーン(マラケシュ)
ホテル イスレーン

ムハンマド5世通りに面し車も止めやすく、目の前にクトゥビアの塔、
歩いて5分ほどでジャマ・エル・フナ広場に行けるので、利便性はとても良いです。

部屋は窓が小さくとても狭いので、くつろげる感じではありませんが、
寝るだけでOKという感じでしたら問題ないと思います。
クトゥビアの塔から聞こえるアザーンが趣きがあります。
テレビは見れます。

バスタブはなく、シャワーとトイレは一緒で、こちらもとても狭いです。
お湯は出ましたが、水はけがかなり悪かったので困りました。
夜は体を洗い、朝シャンプーという感じで分けていました。
居心地重視の方にはおすすめしません。

ホテル内にはカフェがあり、屋根はありますが壁がオープンになっているので、
外の空気を感じながら食事ができます。
目の前にクトゥビアの塔が見えて、カフェからのロケーションは良いです。

スタッフは親切でした。
廊下を歩く人の音が少々気になりました。
ロビーでのみwi-fi使用可でした。

モロッコに行った気になる!?
モロッコ旅行記

モロッコラグとモロッコ雑貨通販「メズィヤーン モロッコ」トップページへ戻る

ページトップへ